トウキョウダルマガエル

トウキョウダルマガエル

関東周辺にはトノサマガエルは分布しないのですが、知名度のためか本種をトノサマガエルと混同する場合も多いようです。

at 井の頭自然文化園


分類: 脊索動物門  両生綱  無尾目  アカガエル科
学名: Rana porosa porosa
英名: Tokyo daruma pond frog
別名:
特徴:

関東平野から仙台平野にかけて、長野県、新潟県に分布。亜種の関係にあるダルマガエルは東海以西に分布します。

平地の水田や池沼、流れの緩やかな河川などに生息し、基本的には水辺から離れずに暮らします。基本的には夜行性ですが、昼間でもよくみることができます。餌は昆虫やクモなど。

ダルマガエルや同属のトノサマガエルとよく似ますが、

  • トノサマガエルに比べて後脚が短いこと
  • 背中の白色線がダルマガエルでは不鮮明、ないしは見えないのに対し本亜種では明瞭であること
  • 腹部の斑紋がトノサマガエルとダルマガエルの中間的な特徴を示すこと(トノサマガエルではほぼ白色、ダルマガエルでは縁辺部に比較的大きな不規則斑がある)
などから識別できます。

産卵期は4〜7月で、この時期になるとオスは池や水田などの止水域に縄張りをつくり、鳴き声でメスを誘います。その後、メスは800〜2000個ほどの卵を数回に分けて産みます。
日本産のカエルとしては珍しく、1度の繁殖シーズンに2回以上産卵することがあります。

かつては、ダルマガエルとトノサマガエルの交雑によって本種が生まれたと考えられていたこともありましたが、現在ではこの説は否定されているようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system