ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメ

(補足情報) ゾウガメ類に次いで大きくなるリクガメ。
動物園では、ゾウガメと同居飼育しているところもある。

at 日本平動物園
by くらげねこ様


分類: 脊索動物門  爬虫綱  カメ目  リクガメ科
学名: Geochelone sulcata
英名: African spurred turtoise
別名:
特徴:

アフリカ中部の乾燥したサバンナに生息する、大型のリクガメです。
甲長は70pを越え、2種のゾウガメに次いで大きくなる種類であるといえます。

乾燥地帯に単独で暮らし、様々な植物質のものを餌としています。
生息地は、昼間は高温である一方、夜間は著しく気温が低下することも多く、そういった場合は地面に穴を掘ってその中で休みます。

和名は、大腿部に蹴爪のような強い突起を持つことからつけられました。

比較的丈夫で飼いやすいことからペットとして流通しているようですが、前述のように非常に大きくなるため、適切な飼育のためには広いスペースが必要となります。




<ケヅメリクガメ・ギャラリー>

全身写真。
千葉ではアルダブラゾウガメと同居している。

割と活発な種類のようで、放飼場内も元気に歩き回っている。

at 千葉市動物公園
ケヅメリクガメ

後ろ足の付け根にある「蹴爪」状の突起。
いったい何に使うのだろうか…。

at 千葉市動物公園
ケヅメリクガメの突起
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system