ジムグリ

ジムグリ

(どふらいんさん)04/12/14

(補足情報)
赤みがかった体色がとても美しいヘビ。
おとなしい性格ゆえ、アオダイショウなどに比べると屋外で見かける機会はあまりありません。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  爬虫綱  有鱗目  ナミヘビ科
学名: Elaphe conspicillata
英名:
別名:
特徴:

北海道、国後島から本州、四国、九州、大隈諸島などに分布。
平地から山地にかけての森林にすみ、よく土中に潜ってネズミやモグラの仲間を食べます。鼻先は丸くなっており、土の中に潜るのに適した形となっています。

赤みがかった褐色に黒い斑紋があり、とくに幼蛇ほど赤みが強く、コントラストが鮮やかです。腹部は赤と黒の「市松模様」をしています。

黒い斑紋のない「アカジムグリ」と呼ばれる個体も知られますが、これは単なる個体変異のようで、普通のジムグリからアカジムグリが生まれることもあります。

毒はなく、おとなしい性格のため人に噛みつくこともほぼありません。
一旦餌付いてしまえば飼育は難しくないようですが、神経質なため落ち着いた環境が必要であり、無闇に野外で採集するべきではないでしょう。


(解説文作成に際し、どふらいんさんの書き込みを参考にさせていただきました)

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system