ベッコウサンショウウオ

ベッコウサンショウウオ

(さんすよモドキさん)05/9/14

(補足情報)
「日本のサンショウウオの中で最も美しい」と評されることも多い種。一方で個体数の減少が懸念されてもいます。

by さんすよモドキ様


分類: 脊索動物門  両生綱  有尾目  サンショウウオ科
学名: Hynobius stejnegeri
英名: Amber-colored salamander
別名:
特徴:

九州南部、熊本県・宮崎県・鹿児島県北部の標高500m以上の山地だけに分布する固有種。渓流に近い林床で暮らしています。

名の通り、黒の体にべっこうのような黄色い斑紋が入り、非常に美しい種類です。大きさは13〜16cmほど。

繁殖期は4〜5月にかけてで、源流部の岩の下などに大きなひも状の卵塊を産みつけます。産卵後、メスが卵の保護を行います。ふ化した幼生は夏頃までに変態・上陸しますが、一部の個体は幼生のまま越冬し、翌年に変態します。

分布域が狭い上に、生息地が開発などによって失われつつあること、漢方薬の材料として採集されていることなどから個体数の減少が危惧されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system