イボイノシシ

イボイノシシ

(ジャマランディさん)04/11/28
結構、珍しいと思うのですが、イボイノシシです。今年の6月に大分県の九州アフリカンサファリで撮りました。

(補足情報)
結構どころか、国内の動物園ではたいへん珍しい動物です。

at 九州自然動物公園
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  偶蹄目  イノシシ科
学名: Phacochoerus aethiopicus
英名: Warthog
別名:
特徴:

サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布。サバンナや潅木林にみられ、イノシシの仲間としては珍しく、昼間に活動します。餌は草の葉や根、果実、昆虫など。

基本的には家族群で暮らしますが、成熟したオスは普段は単独で過ごし、繁殖期になるとメスの群れに加わります。
繁殖は雨季に合わせて行われ、子供は地面の穴の中で生まれます。穴を自分で掘ることはあまりなく、自然にできた岩のすき間や、ツチブタの古巣を利用することが多いようです。

非常にいかつい外見が特徴で、とくに上あごの犬歯が発達した牙はよく目立ちます。この牙は同種他個体との争いの際に使われますが、相手を死に至らしめることはありません。

走るときに尾を垂直に立てたり、餌を食べるときに前足を折って「ひざまずく」ようにしたり、と独特の行動をとることでもよく知られています。

国内の動物園ではほとんど見ることができません。




<イボイノシシ・ギャラリー>

(muscaさん)04/12/8
イボイノシシーが思わぬ評判でしたので、私も一枚。
ケニヤのマサイマラ国立公園内で撮影したものです。

(補足情報)
実際の生息地で撮影された、迫力ある写真です。

at ケニア(野生)
by musca様
イボイノシシ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system