トラ

亜種アムールトラ

亜種アムールトラ。シベリアトラとも呼ばれる。

トラの中でも最も大きくなる亜種で、ネコ科全体で見ても最大。
実物は非常に迫力がある。

at 多摩動物公園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  ネコ科
学名: Panthera tigris
英名: Tiger
別名:
特徴:

中国東北部からシベリア、インド、インドシナ半島、東南アジアなどに5亜種が分布しています。すでに絶滅したものを含めると、全部で8亜種が知られています。

日本の動物園ではベンガルトラ(P.t.tigris)、アムールトラ(別名シベリアトラ、P.t.altaica)、スマトラトラ(P.t.sumatrae)の3亜種が飼育されています。
亜種アムールトラは、ライオンをさしおいてネコ科最大の動物です。

なお、王子動物園にはチョウセントラがいますが、これはアムールトラの1タイプとして扱う場合が多いようです。

森林や湿地などに単独で生活し、哺乳類や鳥類など様々な動物を捕らえて食べます。また泳ぎがうまく、水中でも狩りを行うことができます。

森林伐採によって生息地が減少しているのにくわえ、毛皮を取るため、あるいは漢方薬の材料として大量に捕獲されたほか、人的被害を与える危険性があるとして殺されたこともあり、個体数は非常に少なくなっています。迅速な保護の必要性が叫ばれています。




<トラ・ギャラリー>

亜種スマトラトラ。
現存する亜種の中では最も小さい。毛色が濃く模様も美しいといわれる。

縞が2本ずつ束になるのも特徴であるらしい。

at 上野動物園
亜種スマトラトラ

亜種ベンガルトラ。現存する亜種の中では最も生息数が多い。

at とべ動物園
亜種ベンガルトラ

亜種ベンガルトラの白変個体。ホワイトタイガーの名でよく知られる。
東武には、閉園した宝塚動植物園からやってきた。

見ると幸福が訪れるらしいですよ。

at 東武動物公園
ホワイトタイガー(亜種ベンガルトラの白変個体)

(keijiさん)04/6/9
写真はちょこちょこ撮影しているのですが、更新と整理が追いついていません。まだGWのままです(笑)
このままだと飽和状態になりそう・・・。

(補足情報)
カッコいい写真です…。
トラは個体によって縞模様が異なるので、上の写真と比べても同じ個体と分かります。

at 東武動物公園
by keiji様
ホワイトタイガー(亜種ベンガルトラの白変個体)

(keijiさん)04/8/24
先週はズーラシアに出掛けてきたのですが、 ぐうたらしていて午後から出掛けたため、いいシーンと あまり出会うことができず、ちょっと残念でした。

(補足情報)
ズーラシアではアムールトラ(写真)とスマトラトラの2亜種を展示しており、両者を比較できます。

at ズーラシア
by keiji様
亜種アムールトラ

(keijiさん)04/12/30
写真は日本平のチビトラ3兄弟。来年大ブレイクしそうです。

(補足情報)
2004年9月生まれのアムールトラの子どもたち(オス1・メス2)です。

at ズーラシア
by keiji様
亜種アムールトラ

(ranさん)05/1/5
旅行の準備でホーチミンのことを調べているさいにインドシナタイガーのことを知って絶対見にいこうと思い、2回いきました。

(補足情報)
国内では飼育されいない亜種マレートラ(P.t.corbetti、別名インドシナトラ)です。

at ホーチミン市動物園
by ran様
亜種マレートラ

(Ranさん)05/5/15
何を貼ろうか迷ったのですが、とりあえず ホワイトタイガーから・・・

(補足情報)
白い毛並みの美しい個体です。

at シンガポール動物園
by Ran様
ホワイトタイガー

(よしみ☆さん)06/2/4
これはシンガポールのシンガポール動物園です。
2005年10月現在ホワイトタイガーは3頭いました。

at シンガポール動物園
by よしみ☆様
ホワイトタイガー
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system