チベットモンキー

チベットモンキー

(くらげねこさん)04/10/31
写真はチベットモンキーさん。
愛想悪いですが動かないので撮りやすい!!

(補足情報)
国内外を含めて、動物園ではほとんど飼育されていない珍獣のひとつ。

at ズーラシア
by くらげねこ様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  霊長目  オナガザル科
学名: Macaca thibetana
英名: Tibetan macaque
別名:
特徴:

中国南部の四川省などに分布します。

標高800〜2000mほどの山地の森林に暮らし、オスとメスの混じった数十頭ほどの群れで生活します。地上でもよく活動し、主に果実や木の葉などの植物質のものを食べ、ときに昆虫などを捕らえることもあるようです。

ニホンザルと同属でよく似ていますが、本種はやや毛足が長く、また毛の色がやや灰色がかった暗い色をしています。
口の周りにひげのような白い毛が生えているのも特徴のひとつです。

成体同士が出会った際に子どもを捕まえて挨拶の「道具」に使ったり、オス同士が挨拶をするときに互いの性器を触ったり、と非常にユニークな社会行動をとることでも知られており、生態学的にも注目されている存在といえます。

国内ではズーラシアと日本モンキーセンターの2ヶ所で飼育・展示されています(2004年11月現在)。




<チベットモンキー・ギャラリー>

全身画像を。

なぜか持っていたササ?の枝を眺めている。

at ズーラシア
チベットモンキー
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system