パームシベット

パームシベット

(muscaさん)05/1/12
パームシベットといえば、大宮公園小動物園で見ましたよ。檻と動物の距離があまりなくて檻バッチリ写真ですが、こんな顔してました。

(補足情報)
日本では馴染みの薄いジャコウネコの仲間。

at 大宮公園小動物園
by musca様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  ジャコウネコ科
学名: Paradoxurus hermaphroditus
英名: Common palm civet
別名:
特徴:

インドから中国南部、インドシナ半島に至るまでのアジア各地、およびインドネシアの島々、フィリピン、大小のスンダ列島などに広く分布します。

主によく茂った熱帯林にすみますが、人家の近くなどでみることもあるようです。半樹上性で、木登りは巧みです。

完全な夜行性で、昼の間は決まった木をねぐらとして休み、日が沈んでから活動を開始します。雑食性で、小動物や昆虫を捕らえるほか、果実や植物の種子なども好んで食べます。英名の「Palm civet」は、ヤシ(=Palm)の樹液を好んで食べることから付けられたといわれているようです。

年間を通して繁殖し、一度の出産に2〜5頭の子を産み育てます。一方、野生での詳しい生態は未だによく分かっていないようです。

コーヒーの実を好んで食べることから現地では害獣として駆除されることもあり、生息地が狭まりつつあることも重なって、個体数の減少が危惧されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system