ラマ

ラマ

中学校や高校の地理では「リャマ」と教えていることが多い。

日本人は見慣れないので野生動物と思ってしまうが、実際には家畜。

at 千葉市動物公園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  偶蹄目  ラクダ科
学名: Lama glauca
英名: Llama
別名: リャマ
特徴:

南アメリカ、ペルーからアルゼンチンにかけてのアンデス高地で主に飼育されてきた家畜。原種は、同地域に分布するグアナコ(L.guanicoe)であるといわれています。

粗食によく耐え、力もあるため、鉄道や自動車を利用できない山岳地帯において古くから荷物運搬用として飼育されてきました。また、肉を食用として利用することもあるようです。

おとなしい動物ですが、他のラクダと同様に気に入らないことがあると未消化物などを吐きかけることがあるので、要注意です。




<ラマ・ギャラリー>

毛色は個体によって様々。

at 上野動物園
ラマ(毛色のバリエーション)

毛色バージョンその3。黒いのもいます。

at 東武動物公園
ラマ(毛色のバリエーション)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system