レッサーパンダ

亜種シセンレッサーパンダ

国内で飼育されているのは、ほとんどが写真の亜種シセンレッサーパンダ。

at 東武動物公園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  パンダ科
学名: Ailurus fulgens
英名: Lesser panda
別名:
特徴:

ヒマラヤ、およびミャンマー北部から中国にかけての山林に生息。単独で暮らし、タケやタケノコ、果実などを食べます。ジャイアントパンダと同様、前足の種子骨が発達した「第6の指」があります。

英名は、近年では"Lesser"の語を嫌い、"Red panda"とする場合も多いようです。("Lesser"は「劣った」などの軽蔑的な意味で使われることがあるため)

高地の動物であるため暑さに弱く、日本の動物園でも夏場ではバテて寝ていることが多いですが、涼しい時期には木に登るなど活発に動き回る様子を観察できます。

亜種にはネパールレッサーパンダ(A.f.fulgens)とシセンレッサーパンダ(A.f.styani)が知られ、日本の動物園で見られるのは、ほとんどがシセンレッサーパンダです。ネパールレッサーパンダを飼育しているのは国内では熱川バナナワニ園のみのようです。
両亜種はよく似ていますが、亜種シセンレッサーパンダの方がやや大型になり体色も濃いことなどから識別できるとされます。




<レッサーパンダ・ギャラリー>

(大ペケさん)06/10/29
昨日から一般公開の始まった、今年生まれのレッサーパンダ。「ソラ」と「ダイチ」と名付けられた子供は、まだ見分けが難しい状態です。子供のレッサーパンダは眼が小さめで、体毛も色が薄いために特徴を掴みにくいのです。性別も今のところ両方雄とされていますが、まだ確実では無いようです。

(補足情報)
というわけで、亜種シセンレッサーパンダの赤ちゃんです。

at 安佐動物公園
by 大ペケ様
亜種シセンレッサーパンダ(子ども)


ジャイアントパンダと同様にササをよく食べる。

餌を食べる際には前足をうまく使う。やはりジャイアントパンダと同様、種子骨が発達している。

at 市川市動植物園
摂餌中のシセンレッサーパンダ

木登りは得意。
枝の間を活発に歩き回ったり、器用に枝の上でうたた寝をしたり。

at 埼玉県こども動物自然公園
亜種シセンレッサーパンダ

(muscaさん)05/1/25
昨日は熱川バナナ・ワニ園に行ってきましたのでお土産です。
ニシレッサーパンダですよ〜。
私にはさっぱりシセンとの違いがわからないんですが、ぜのばすさんにはわかりますか?

at 熱川バナナワニ園
by musca様
亜種ネパールレッサーパンダ

(muscaさん)05/1/25

(補足情報) ということで、比較用の写真を提供していただきました。こちらが亜種ネパールレッサーパンダ。

at 熱川バナナワニ園
by musca様
亜種ネパールレッサーパンダ

(muscaさん)05/1/25

(補足情報)
そしてこちらはお馴染みの亜種シセンレッサーパンダ。どの辺が違っているでしょうか?

at 多摩動物公園
by musca様
亜種シセンレッサーパンダ

全身骨格。

ふさふさした外見とは裏腹に、尾の骨はかなり細い。

at 千葉市動物公園
レッサーパンダ(骨格標本)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system