クロキツネザル

クロキツネザル(オス)

オス。全身の毛が黒い。また、樹上生活に適応したためか尾が太く長いのも目立つ。

at 夢見ヶ崎動物公園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  霊長目  キツネザル科
学名: Eulemur macaco
英名: Black lemur
別名:
特徴:

マダガスカル北西部のごく限られた地域と、沖合いのノシベ島、ノシコンベ島だけに分布。
森林に棲む樹上性のサルで、7〜15頭ほどの小群をつくって生活しています。餌は果実や葉、花などが主ですが、昆虫などを捕らえることもあります。

雌雄ともに耳に長い房毛があるのが特徴。
しかし体色は雌雄で大きく異なり、オスは全身の毛が黒いのに対し、メスでは赤褐色をしていることから容易に識別できます。

出産は年に1回で、1頭ないしは2頭の子を産み、主に母親が育てます。

生息地の開発などから数が少なくなっており、絶滅が危惧されています。




<クロキツネザル・ギャラリー>

メスは体が赤褐色をしており、耳の房状の毛は白色。

霊長類で、体色にこれだけの雌雄差が有る種類は珍しい。

at 夢見ヶ崎動物公園
クロキツネザル(メス)

(くりかわさん)05/3/23

(補足情報)
こちらもクロキツネザルのメスと思われます。

at ネオパークオキナワ
by くりかわ様
クロキツネザル(メス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system