カバ

カバ

上野動物園のペア。
オスの「ジロー」は牙が大きく横に突き出してしまっているが、見る限りでは元気そうである。

at 上野動物園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  偶蹄目  カバ科
学名: Hippopotamus amphibius
英名: Hippopotamus
別名:
特徴:

頭胴長3.5〜4m、体重はときに4tにも達する、地上ではゾウに次いで大きくなる動物の一つです。
サハラ以南のアフリカに広く分布し、数十頭の群れで生活しています。昼間は水中で目と耳、鼻だけを空中に出して休んでいますが、夜間に陸に上がって草や木の根などを食べます。

鼻は開閉自在で、最長5分ほどは潜水していられるなど、水中での生活によく適応しています。一方で皮膚の乾燥には弱く、これを保護するために、俗に「赤い汗」などと呼ばれる、赤みを帯びた粘液を体表から分泌します。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system