ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ

メキシコからやってきたメス「シュアンシュアン」。
かなり活発な個体のようで、放飼場の竹などがことごとくへし折られている。

しかし、何だかんだ言って人気の衰えない動物。

at 上野動物園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  パンダ科
学名: Ailuropoda melanoleuca
英名: Giant panda
別名:
特徴:

パンダ2種の分類には諸説がありますが、よく分からないものは別にしておけという自分の信条の元、ここではパンダ科としました。

国内では現在、

  • 上野動物園
     → オスの「リンリン」
  • 王子動物園
     → オスの「コウコウ」とメスの「タンタン」
  • 南紀白浜アドベンチャーワールド
     → オスの「エイメイ」とメスの「メイメイ」、その間に生まれた4頭の子供たち(ラウヒン、リュウヒン、シュウヒン、コウヒン)
の計9頭が飼育されています(2005年10月現在)。

高地のタケ林に単独ですみ、よく知られている通りタケやタケノコを主食としています。飼育下ではリンゴやトウモロコシも食べるようです。
タケをうまくつかめるように手の骨の一部(種子骨)が大きく発達しており、他の本物の指を曲げると、ちょうどタケの茎を包めるような形になります。この骨は「第6の指」とも呼ばれています。

メスの発情のタイミングが分かりづらいため、飼育下での繁殖の難しい動物です。アドベンチャーワールドは非常に順調であると言えるでしょう。
また、世界自然保護基金(WWF)のシンボルともなっており、国内外の人々の自然保護への意識を高めるきっかけになった動物でもあります。




<ジャイアントパンダ・ギャラリー>

シュアンシュアンの左手。

上の方に見える肉球のような部分が「第6の指」。
タケをつかむときにはこの突起を使う、らしい。

at 上野動物園
第6の指

(saiさん)05/3/23
永らくこのポーズでいたのでんんん??何がしたいの? と思っていたらお水を飲んでいたようです。
やっぱり寒いからか手が水につくのは嫌なんでしょうかね^^;

(補足情報)
王子動物園のオス「コウコウ」。何ともユーモラスな格好です。

at 王子動物園
by sai様
ジャイアントパンダ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system