フェネック

フェネック

(ぴっぴさん)05/5/31
この子は井の頭自然文化園の(多分、シッポのない子)2001/7/4生まれの子(撮影は2001/11/24)です。

(補足情報)
事故などで尾が切れてしまったのでしょうか…。

at 井の頭自然文化園
by ぴっぴ様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  イヌ科
学名: Vulpes zerda
英名: Fennec
別名: フェネックギツネ
特徴:

アフリカ北部のサハラ砂漠、およびアラビア半島に分布。

乾燥した砂漠によく適応した動物で、雌雄のペアとその子から成る多くとも10頭ほどの家族群で暮らします。

気温が高くなる昼間は地面に掘った穴の中で休み、夜間活動します。ネズミやトカゲ、昆虫、鳥の卵など動物質を餌とするほか、植物の果実や葉、根なども食べます。水分は餌から摂り、長い間水を飲まなくても生きていくことができます。

イヌ科の野生動物としては世界最小で、体長30〜40cm・尾長20〜30cmほど、体重は0.8〜1.5kgほどにしかなりません。それに比して耳は巨大で、長さ15cmに達します。これは、聴覚を助けるほか、熱を放散させる役割があるものと考えられます。
体色は淡い黄褐色で、砂漠では良いカモフラージュとなります。尾の先は黒色をしています。

春頃に出産し、2〜5頭ほどの子を産みます。出産、子育ては巣穴の中で行われ、子どもたちは両親に守られながら育ちます。

そのかわいらしい外見から、動物園でも人気のある動物の一つです。また、サン・テグジュペリ作「星の王子様」に登場するキツネは、本種がモデルであると言われています。




<フェネック・ギャラリー>

(ぴっぴさん)05/5/31
この個体は日中でもかなり活動的で動き回ってました。
添付画像はどうやら虫を見つけたところのようです。

(補足情報)
野生に近い生態が見られるのは屋外展示の魅力のひとつ。

at 羽村市動物公園
by ぴっぴ様
フェネック
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system