コモンツパイ

コモンツパイ

枝の上をものすごいスピードで走り回る。
展示場の照明の都合で写真は暗いが、昼行性の動物。

at 上野動物園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  ツパイ目  ツパイ科
学名: Tupaia glis
英名: Common tree-shrew
別名:
特徴:

マレー半島、およびスマトラ、カリマンタンなどの東南アジアの島々に分布。

熱帯雨林に小さな家族群で生活し、地上でも樹上でも活発に活動します。
昼行性で、森の中を動き回りながら昆虫、木の実などを探します。

見た目はリスに似ており、現地でもあまり区別されていないようですが、類縁関係は全くありません。
過去には食虫目や霊長目に分類されたこともありますが、現在は独自の目に属するとされています。

ペアの絆は固く、配偶相手を変えることはほとんどありません。1度に未熟な3頭ほどの子を産み、ペアが共同で育てます。

森林の伐採などによって生息地が減少しているといわれます。




<コモンツパイ・ギャラリー>

(くりかわさん)05/3/19
特に旬なネタでもないのですが、なかなか撮らない物と言う事で今日はコモンツパイを。
顔がハッキリ見えていませんが‥‥‥。

(補足情報)
動きが速い上に上野の展示場は暗いので、撮影が難しいのです。

at 上野動物園
by くりかわ様
コモンツパイ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system