カピバラ

カピバラ

父と子。
オスの鼻には臭腺がある。

夜行性ということもあるのだろうが、無表情でほとんど動かないのんびりした動物に見える。
親と子がそっくり。

at 千葉市動物公園


分類: 脊索動物門  哺乳綱  齧歯目  カピバラ科
学名: Hydrochaerus hydrochaeris
英名: Capybara
別名:
特徴:

現生の齧歯目の中では世界最大の種で、頭胴長130p、体重60s以上になることもあります。
中央アメリカから南アメリカ北部の水辺に近い森林や湿地にすみ、主に夜間、草を食べます。泳ぎは上手く、ジャガーなどの外敵に襲われると水中に逃げ込みます。

動物園ではその愛嬌のあるキャラクターから人気ある動物ですが、生息地においては食肉として利用されており、一部では牧場などで飼育されているようです。




<カピバラ・ギャラリー>

雌雄の違い。左がオス、右がメス。

青い矢印の先、オスの鼻には臭腺が発達するが、メスでは存在しない。

どちらも
at 千葉市動物公園
カピバラ(オスとメス)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system