ブチハイエナ

ブチハイエナ

(すえひろさん)04/4/9
関東にいない動物を、っていうことなのでまずはブチハイエナです。
あまり良くないイメージが作られていますが、実際はライオンのほうがハイエナから餌を奪ったりしているそうです。

(補足情報)
イヌのような外見ですが、起源はジャコウネコ類という説もあるそうです。
何かと逸話多き動物。

at 日本平動物園
by すえひろ様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  ハイエナ科
学名: Crocuta crocuta
英名: Spotted hyena
別名:
特徴:

サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布する動物です。開けたサバンナなどに、メスを中心とした数十頭程度の群れで暮らしています。

一般には、動物の死肉を食べたり、他の肉食獣が捕らえた獲物を横取りするというイメージの強い動物です。
しかし、実際はハイエナ自身たいへん優れたハンターであり、自分の体重の倍近くあるシマウマなどを倒すこともあるといいます。

あごの力がたいへん強く、獲物は骨ごと噛み砕いて食べることができます。そのために糞は白っぽい色をしています。

前脚に比べて後脚が短く、独特の体型。耳が丸くて大きいのも特徴です。
またメスの生殖器の一部が肥大しているために、かつてアフリカの人々は雌雄同体の哺乳類と誤解していたという逸話も知られています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system