オーストラリアアシカ

オーストラリアアシカ(メス)

(muscaさん)05/2/9

(補足情報)
おそらく、国内では鴨川シーワールドでしか飼育されていない種類です。写真はメスの個体。

at 鴨川シーワールド
by musca様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  食肉目  アシカ科
学名: Neophoca cinerea
英名: Australian sea lion
別名:
特徴:

オーストラリア南部および南西部、その沖合いの島々に分布。
砂浜の海岸に生息します。他のアシカ類に比べると陸上でもよく活動し、岸から離れた場所で確認された例も知られています。餌は魚類やタコ・イカを好むほか、分布の重なるフェアリーペンギンを襲うこともあります。

オスは褐色で体が大きく、頭から首筋にかけてクリーム色の毛が生えていますが、メスは背側が灰褐色、腹側がクリーム色に染め分けられた独特の体色をしています。このため雌雄を識別するのは容易です。

1頭のオスが複数のメスを独占するハレムと呼ばれる群れをつくって繁殖し、メスは自分の子でない子どもを保護することもあるという、他のアシカ類にはみられない習性をもっています。

かつては数が減少したこともありましたが、現在はオーストラリア政府の保護政策によって生息状況は安定しつつあります。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system