アカネズミ

アカネズミ

(どふらいんさん)05/6/19


(補足情報)

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  哺乳綱  齧歯目  ネズミ科
学名: Apodemus speciosus
英名: Large Japanese field mouse
別名:
特徴:

日本固有種で北海道、本州、四国、九州、および周辺の島々に分布。分布域の南限は屋久島です。
生息地によっていくつかの亜種に分けられており、とくに離島にすむものはそれぞれが別亜種として扱われています。

基本的には森林にみられますが、生息域は広く、草原や農耕地などにもよく現れます。地上で生活することが多く、植物の種子や果実、根茎、昆虫などを食べています。夜行性。

近縁のヒメネズミに似ますが、本種の方が体が大きく、目が大きく目立つこと、尾がヒメネズミに比べて相対的に短いこと、名の通り背中の体毛が赤みがかっていることなどから識別できます。
また、ヒメネズミは樹上でもよく活動するのに対し、本種は基本的に林床で生活するなど、互いにすみ分けています。

年に1〜2回、地下に掘った巣穴の中で1〜8仔を出産します。仔の面倒はメスがみます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system