ワラゴ・アッツー

ワラゴ・アッツー

(ジャマランディさん)05/7/6
熱帯アジア代表のワラゴ・アッツーです。三角形の小さな背鰭がチャームポイントでしょうか。

(補足情報)
大きく切れ込んだ口も特徴です。

at アクア・トトぎふ
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  ナマズ目  ナマズ科
学名: Wallago attu
英名: Wallago
別名:
特徴:

パキスタンからベトナム、インドネシアにかけての東南アジア・南アジアに分布。

大きな河川や湖沼に生息し、ほとんど流れの無いような泥底域を好みます。夜行性で、昼間は土手の穴の中などに潜んでおり、夜になると活動して魚類や甲殻類、貝類などを食べます。幼魚では水生昆虫も餌とするようです。

体は細長く、小さな背びれと長く伸びたしりびれが特徴です。また口は目の後方にまで大きく切れ込んでいます。

現地では食用とされているようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system