ツムギハゼ

ツムギハゼ

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
マングローブのハゼとしては特徴的でかわいらしい。でも食べられません。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハゼ科
学名: Yongeichthys criniger
英名:
別名:
特徴:

紀伊半島、高知県以南の南日本、およびインド・太平洋域に分布。

河川の河口域に生息し、比較的ひらけた泥底や干潮時に生じる水路に単独から数尾の集団で暮らします。主に小型の底棲生物を食べる肉食性。基本的には昼行性です。

体は短く大きな頭をしています。体は淡褐色で暗褐色の斑点が体表やひれに散らばっています。また、体側中央に3つの暗褐色斑があるのが大きな特徴です。

皮膚や筋肉に、いわゆる「フグ毒」ことテトロドトキシンを持つことが知られています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system