タイガーショベルノーズキャット

タイガーショベルノーズキャット

at サンシャイン国際水族館


分類: 脊索動物門  条鰭綱  ナマズ目  ピメロドゥス科
学名: Pseudoplatystoma fasciatum
英名: Barred sorubim, Tiger shovelnose catfish
別名:
特徴:

南アメリカに広く分布し、オリノコ川やアマゾン川、パラナ川などの各水系にみることができます。
流れのゆるやかな河川や、雨季に生じる沈水林に生息し、主に夜間行動します。餌は小型の魚やカニなど。

大型になるナマズで、大きなものでは1mを越えます。また、オスよりメスの方が大型になる傾向があるようです。
体は灰褐色で、暗色の横帯と小黒点がありますが、これらの斑紋は個体によって大きく異なっています。

現地では重要な食用魚とされているほか、観賞用としても人気があります。水族館でも、レッドテールキャットフィッシュと並んで、最もよく飼育されている大型ナマズのひとつといえます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system