タマキビガイ

タマキビガイ

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
自然でも、この写真のように水から出てかたまっていることがほとんどです。

by どふらいん様


分類: 軟体動物門  腹足綱  新紐舌目  タマキビガイ科
学名: Littorina brevicula
英名:
別名:
特徴:

沖縄を除く日本各地、および朝鮮半島、中国沿岸に分布。

海岸の岩礁域に生息し、ふつう水のかかることのない高潮線の付近に多数の個体が集まっています。昼間は岩の上で休み、湿度の高くなる夜に歩き回って、岩に生えた藻類などを食べます。

ほとんど水に入ることのない貝で、岩の上にいるものを海水中に入れると急いで這い出してくるという生態もよく知られています。

殻の直径は17mmほどの小さな貝。体には明瞭な3本の隆起がありますが、目立たない個体も少なくないようです。

産卵の際には水の中に入り、ヘルメット型の浮遊性の卵塊を産みます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system