タマカイ

タマカイ

(ジャマランディさん)05/5/12
いつ見ても大迫力!のタマカイです。

(補足情報)
ハタ科の中でも最も大きくなるもののひとつ。

at かごしま水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハタ科
学名: Epinephelus lanceolata
英名: Giant grouper
別名:
特徴:

全長2m以上にもなる非常に大型のハタ。サンゴ礁にみられる硬骨魚としては最大の魚といえます。

南日本、およびインド洋〜太平洋域に広く分布。
浅いサンゴ礁や岩礁にすみ、岩穴や割れ目などによくみられます。単独性で、主に魚類や甲殻類、ときにウミガメの子どもなどを襲って食べます。

黒い地色に白〜黄色の不鮮明な斑紋があり、各ひれは黄色がかっています。若い個体ほどこれらの特徴は鮮明で、老成魚では、全身がほぼ灰黒色一色になります。

大型で展示価値も高いため、水族館ではよく見かける魚です。また、熱帯地方では食用ともされますが、シガテラ毒を持つこともあるようです。
食用として乱獲された海域では数が少なくなっており、現在ではレッドデータブックにも指定されている希少種です。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system