シマアジ

シマアジ

(muscaさん)05/3/4

(補足情報)
食用魚として非常に有名。水族館ではしばしば、非常に大型の個体を見かけます。

at 油壺マリンパーク
by musca様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  アジ科
学名: Pseudocaranx dentex
英名: White trevally
別名:
特徴:

本種については、国内において遺伝的性質や脊椎骨の数が異なる2タイプがあることが知られており、将来的に複数種に分かれると考えられています。

岩手県以南の日本各地、および東部太平洋を除く全世界の温帯・亜熱帯海域に分布。赤道付近などの完全な熱帯域には少ないようです。

沿岸から沖合いにかけて、水深200m以浅に群れをなして生息。小型の魚類や浮遊性の甲殻類などを食べる肉食性の魚です。

体高のある体つきで、尾びれは黄色、尾からえらぶたの付け根にかけて、体側中央に黄色い縦帯が走っています。また、えらぶたには黒色点があります。
大きなものでは1m近くなり、水族館でも長期飼育された大型個体にはかなりの迫力があります。

高級食用魚として知られますが、大分マリーンパレス水族館によって種苗生産技術が開発され、現在では養殖も盛んに行われています。




<シマアジ・ギャラリー>

1m近くはありそうな、老成した大型個体。

長期飼育している水族館では、このような個体を見かけることも多い。

at 鴨川シーワールド
シマアジ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system