シキシマハナダイ

シキシマハナダイ

(muscaさん)05/2/4

(補足情報)
腹びれが白く体色が濃いので、繁殖期のオスかもしれません。

at しながわ水族館
by musca様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  シキシマハナダイ科
学名: Callanthias japonicus
英名:
別名:
特徴:

ハタ科のハナダイ類に似ますが、側線の形態などから独自のシキシマハナダイ科を形成しています。

南日本から東シナ海にかけて、および台湾に分布。水深50〜200mほどのやや深い岩礁域に群れで暮らし、動物性プランクトンを食べます。

平常時、体はピンクがかったオレンジ色で、背びれと尾びれ上部は黄色がかります。また、尾びれ下縁は赤紫色をしています。繁殖期、オスがメスを誘うときにはオスの体色は鮮やかさを増し、腹びれが白くなりますが、ふだんはオスとメスの差はほとんどありません。

深場にすむことから採集しにくく、水族館でもあまり多くはみられません。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system