シャコ

シャコ

(くりかわさん)05/6/28
ふつ〜にシャコです(笑)
でもアリの巣観察風に、アクリル面に巣穴が作られているのが面白い展示方法だな〜と思ったので。

(補足情報)
寿司屋さんでもおなじみ。

at マリンピア松島水族館
by くりかわ様


分類: 節足動物門  軟甲綱  口脚目  シャコ科
学名: Oratosquilla oratoria
英名:
別名:
特徴:

北海道以南の日本各地、中国、朝鮮半島沿岸に分布。

内湾の砂泥底域に単独で暮らし、昼間は泥底にU字形の巣穴を掘って休んでいますが、夜になると巣穴を出て活動します。

いちばん前の脚は捕脚と呼ばれ、二枚貝やゴカイなどの餌を獲る際に用いられます。力はたいへんに強く、人の爪を割ったりすることもあると言われています。

繁殖期は春から夏にかけてで、メスは巣穴の中で仰向けになり、腹部の産卵孔から産んだ卵を少しずつ前に送り、顎脚で抱えるようにして卵塊をつくります。この卵をメス親が保護します。

食用として重要で、各地で漁獲されているほか国外からも輸入されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system