シーネットル

シーネットル

(muscaさん)05/7/8
さて、お土産ですが、夏らしく?クラゲで。
シーネットルです。

(補足情報)
非常に大型になるクラゲ。最近、日本の水族館でも見られるようになりました。

at アクアマリンふくしま
by musca様


分類: 刺胞動物門  鉢虫綱  ミズクラゲ目  オキクラゲ科
学名: Chrysaora fuscescens
英名: Sea nettle
別名: パシフィックシーネットル
特徴:

カムチャツカ半島やベーリング海からアラスカ、カリフォルニアに至るまでの北東太平洋に分布。

体は赤褐色がかり、24本ある口腕は長く伸びます。大型になるクラゲとして知られており、ときに傘の直径30cm、口腕4m以上になることもあるといいます。

刺胞毒は強く、人が触っても痛むといいます。引っかかった小型の魚類や動物プランクトン、さらには他のクラゲ類を食べてしまうこともあります。

秋から冬にかけて、沿岸部で大群がみられます。また、1日のうちでも深い場所と浅い場所とを鉛直移動していると考えられています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system