サクラマス/ヤマメ

ヤマメ

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
陸封型のヤマメ。東日本の渓流を代表するサケ科。

釣り魚として人気の高い魚です。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  サケ目  サケ科
学名: Oncorhynchus masou masou
英名: Cherry salmon
別名:
特徴:

サクラマスとヤマメは学術的には同一の亜種を指しますが、サクラマスは降海型・ヤマメは陸封型のことを表します。

サクラマスに関して、親魚が遡上する南限は、太平洋側では千葉県以北、日本海側では山口県以北です。東アジアの一部の河川にも遡上するようです。降海した個体はオホーツク海や日本海の沿岸域にすみます。

一方ヤマメは神奈川県以北の本州太平洋側、本州日本海側の各地、および大分県・宮崎県を除く九州の各河川上流域にみられます。

産卵は秋に行われますが、河川への遡上はその数ヶ月前から始まります。卵は上流の砂礫底に産みつけられ、この際、サクラマスの雌雄による産卵にヤマメのオスが割り込み、放精することもあります。

卵は翌年の春にふ化し、仔魚はしばらく河川にとどまって水生昆虫などを食べながら成長します。このときに降海型と陸封型が決定され、降海型の個体はさらに次の年の春、海へと下ります。

海へ下った個体は沿岸域を群れで回遊し、小型魚類などを捕らえて食べます。体はヤマメよりはるかに大きくなり、およそ1年を海で過ごした後に、産卵のため再び川に遡上するようになります。一方、陸封型のヤマメは河川で水生昆虫、落下昆虫などを食べながら大きくなります。

体の上面には黒色斑点が散らばりますが、頭部にはほとんどありません。降海したサクラマスでは全身が銀色、ヤマメでは体側中央部が赤みがかり、サケ科の幼魚や陸封型に特徴的なパーマークが体表にみられます。
亜種の関係にあるサツキマス/アマゴとは、体側に赤い斑点がないことから識別されます。

食用として古くから利用されており、サクラマスを用いた富山の「鱒ずし」などは全国的に有名です。また、ヤマメは渓流釣りの対象魚としても人気があります。

近年では飼育下での繁殖個体の放流が盛んですが、ヤマメとアマゴの分布域を考慮しない放流が行われており、亜種間雑種が生まれる危険性が指摘されています。また、放流によって河川ごとの遺伝的多様性が失われる可能性も示唆されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system