オヤニラミ

オヤニラミ

(くらげねこさん)05/1/29
井の頭で撮ったオヤニラミでもドゾー♪

(補足情報)
井の頭の個体は、本来の生息地でない関東で採集されたもの。

at 井の頭自然文化園
by くらげねこ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ケツギョ科
学名: Coreoperca kawamebari
英名:
別名:
特徴:

淀川以西の本州、および四国・九州の一部に分布。現在では、放流されたのか他の地域でも分布が確認されています。

河川の中流域から下流域にみられ、水草の茂るような流れのゆるやかな環境を好みます。単独で暮らし、水生昆虫などを捕らえて食べる肉食性の魚。

体は褐色で、数本の暗色横帯と、えらぶたにある眼状斑が特徴的です。体色は魚の気分によって大きく変化することが知られています。

繁殖期は春から夏にかけてで、オスはこの時期になると縄張り内のアシの茎の表面などをきれいに掃除し、えらぶたを広げるなどして求愛行動をし、メスを誘います。
メスの産卵後、オスはふ化までのあいだ卵を守り続け、和名はこの親魚の行動から付けられたと考えられています。

生息に適した環境が開発などによって失われ、各地で数が減少しています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system