オオテンジクザメ

オオテンジクザメ

(ジャマランディさん)05/6/13
リクエストのオオテンジクザメです。

(補足情報)
国内の水族館ではあまり見かけないサメ。

at 海遊館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  軟骨魚綱  テンジクザメ目  コモリザメ科
学名: Nebrius ferrugineus
英名: Tawny nurse shark
別名:
特徴:

コモリザメ科はジンベエザメ科に含まれるとする書籍もあります。

八重山諸島以南、および紅海・アフリカ東岸からオーストラリア、ツアモツ諸島にかけてのインド洋から太平洋にかけての熱帯海域に広く分布。

水深70mほどまでのサンゴ礁域や岩礁、それに隣接した砂底域などにすみます。
夜行性で、昼間は岩の割れ目などで休んでいます。休むときには、ときとして多くの個体が集まることもあるようです。夜になると活動し、魚類や甲殻類、イカ・タコ、ウニなどの様々な動物を食べます。

体は濃い茶褐色で、目立った斑紋はありません。各ひれは大きく、尾びれの上葉が長く伸びます。大きなものでは3m近くになります。

卵胎生で、40cmほどに育った仔魚を4〜8尾産みます。

一部の地域では食用に漁獲されますが、日本では利用されません。




<オオテンジクザメ・ギャラリー>

(ジャマランディさん)05/6/13
別角度から
左の魚はカスミアジ(?)とヒメフエダイです。

at 海遊館
by ジャマランディ様
オオテンジクザメ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system