オニオコゼ

オニオコゼ

(ジャマランディさん)05/2/23
オニオコゼもありました。

(補足情報)
毒魚として知られる一方で、食用としても有名な魚。

at 浅虫水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  カサゴ目  オニオコゼ科
学名: Inimicus japnicus
英名:
別名:
特徴:

南日本や朝鮮半島、南シナ海にかけて分布。
水深200m以浅の砂泥底域にみられ、水底でじっとしていたり、砂に潜ったりして、近寄ってきた小型魚類などを食べます。

縦扁した体形と、上を向いた口、発達した皮弁、発達した背びれの棘などが特徴的です。うろこはありません。
体色は黒いものから白っぽいもの、褐色のもの、赤みを帯びるものなど様々です。

背びれの棘には強い毒があり、刺されると非常に痛むといいます。
一方で食用にすると非常に美味であり、唐揚げや刺身など様々な調理法で賞味されている高級食用魚のひとつです。近年では種苗生産も研究されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system