オイカワ

オイカワ

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
日本人には馴染み深い淡水魚。左の褐色の魚はアブラハヤです。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  コイ目  コイ科
学名: Zacco platypus
英名: Freshwater minnow
別名:
特徴:

関東地方以西の本州、四国の瀬戸内川、および九州北部が自然分布ですが、近年では人為的移動により分布が拡大しています。国外では中国東部および朝鮮半島にみられます。

河川の中・下流域や水のきれいな湖沼などに生息します。群れをつくって生活し、付着藻類や水生昆虫、エビなど様々なものを餌とします。

体は淡い緑色を帯び、ピンク色の横帯があります。オスの方がやや大型で、しりびれが大きくなることから雌雄を判別できます。繁殖期にはオスの体色は非常に鮮やかになり、吻の周辺などに明瞭な追星が現れます。

繁殖期は5〜8月にかけてで、流れのゆるやかな瀬の砂礫底に産卵します。この時期、オスは縄張りを形成し、接近してくる他のオスを激しく追い払う行動が見られます。ふ化した仔魚は、表層近くで群れをなします。

食用として一般ではありませんが、しばしば川釣りの対象魚とされます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system