ニザダイ

ニザダイ

ニザダイ科の中では珍しく、温帯によく適応した種。むしろ沖縄などでは稀だという。

at 葛西臨海水族園


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ニザダイ科
学名: Prionurus scalprum
英名: Scalpel sawtail
別名:
特徴:

宮城県以南の日本各地、および台湾に分布。

浅い岩礁域に生息し、とくに成魚では群れをつくってよく泳ぎ回ります。主に石灰藻などを門歯状の歯で削り取るようにして食べます。

体は灰褐色で目立った斑紋はありません。尾の付け根には黒い骨質板が4〜5個あり、よく目立ちます。興奮時などには体色がよく変わり、背側と腹部のコントラストが鮮明になります。
幼魚では体高が高く、尾が体に比べて白いのが特徴です。

食用にされることもありますが、身は磯臭いとも言われます。




<ニザダイ・ギャラリー>

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
幼魚。体高は高く、尾は白く見えます。

by どふらいん様
ニザダイ(幼魚)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system