モンガラカワハギ

モンガラカワハギ

(ジャマランディさん)05/5/12
まずは定番種から。モンガラカワハギです。

(補足情報)
その奇抜な体色から、水族館でもしばしば飼育されている魚です。

at かごしま水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  フグ目  モンガラカワハギ科
学名: Balistoides conspicillum
英名: Clown triggerfish
別名:
特徴:

相模湾以南の南日本、およびインド洋〜西部太平洋にかけての熱帯・亜熱帯海域に分布。
水深50mより浅いサンゴ礁域に単独、ないしはペアで暮らし、甲殻類やウニ、貝などの底棲生物を、発達した歯で噛み砕いて食べます。

腹部にある白い楕円形の斑紋とオレンジ色の吻部が特徴で、他種と識別するのは容易です。幼魚では白い楕円斑が体側上部にも広がります。

背びれの第1棘は硬く発達しており、敵に襲われた際などには小さな穴の中に逃げ込んで、この棘を突っかえ棒にして隠れます。

姿の美しさから観賞用として流通しますが、気性が荒いため他の魚との同居には注意が必要です。




<モンガラカワハギ・ギャラリー>

サンシャインで見た個体は、妙に腹部の白斑が細かい。サイズは十分に大きかったので、変異のようだ。

at サンシャイン国際水族館
モンガラカワハギ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system