メガネゴンベ

メガネゴンベ

(ジャマランディさん)06/2/20
こちらは対照的に眼が目立つメガネゴンベです。

(補足情報)
写真は擬サンゴですが、自然の生態がよく分かります。

at 碧南海浜水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ゴンベ科
学名: Paracirrhites arcatus
英名: Arc-eye hawkfish
別名:
特徴:

東アフリカ沿岸からオーストラリア、ハワイ、ライン諸島などにかけてのインド・太平洋域に分布。日本では紀伊半島以南で見ることができます。

水深1〜30mほどの沿岸のサンゴ礁域に生息し、ショウガサンゴやハナヤサイサンゴ、ミドリイシなどの枝状サンゴの間によくみられます。肉食性で、小型のエビやカニ、魚などを食べています。

体色は白っぽいものからくすんだオレンジ、赤、濃褐色まで様々ですが、いずれの体色でも目の後方にU字形の模様があることから識別するのは容易です。

比較的飼育しやすい魚とされ、観賞用に利用されています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system