ケショウハゼ

ケショウハゼ(オス)

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)
第1背びれに黒色斑があることから、写真の個体はオス。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハゼ科
学名: Oplopomus oplopomus
英名: Spinecheek goby
別名:
特徴:

アフリカ東岸からソシエテ諸島にかけてのインド・太平洋域に分布。国内では奄美大島から沖縄諸島、石垣島、西表島でみることができます。

サンゴ礁内湾の浅い砂泥底域、アマモ場などにすみ、泥底から数pほど浮かんだ状態で静止していることが多いようです。餌は泥中の微生物など。

体はハゼ類としてはやや側扁し、体高も高めです。体は青みがかっており体側中央に暗色の点列があります。また、第2背びれやしりびれには青や赤紫のラインが通っており、非常に美しいハゼといえます。
オスでは第1背びれに黒色斑があることから、雌雄を識別することができます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system