カンモンハタ

カンモンハタ

(ジャマランディさん)05/10/31
さて、9月末に伊豆へ行った際のお土産です。懲りずに、またハタです。これは・・・カンモンハタ・・・ですよね?

(補足情報)
お腹が大きいので抱卵しているのかも。

at 伊豆三津シーパラダイス
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハタ科
学名: Epinephelus merra
英名: Honeycomb grouper
別名:
特徴:

南アフリカからフランス領ポリネシアに至るまでのインド・太平洋域に広く分布。ただし、紅海やペルシャ湾からは見つかっていません。

浅いサンゴ礁域に生息する普通種で、港湾の中などでもサンゴが生育していればふつうにみられます。単独で生活し、小型の魚類やエビなどを食べています。

体表には褐色の斑紋があり、互いに網目模様をつくっています。また、体側中央部で2〜3個の点がつながって点列をつくるのが本種の大きな特徴です。30cmほど。

食用になります。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system