イトマキフグ

イトマキフグ

(ジャマランディさん)06/6/5
その名の通り、同じ所をクルリクルリと回るように泳いでいたのが印象的でした。具合が悪いのかと思ったけど、それがコイツの本調子の姿なんですかね。(苦笑)

(補足情報)
水族館で見られたらかなりラッキー。

at 竹島水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  フグ目  イトマキフグ科
学名: Kentrocapros aculeatus
英名:
別名:
特徴:

相模湾以南の南日本から東シナ海にかけて分布。

水深100〜200mほどのやや深い砂底域に生息し、底棲生物などを餌としていると考えられます。詳しい野生での生態については、よく分かっていないようです。

イトマキフグ科はハコフグ類に似ますが、背びれ・しりびれの直後が甲板に覆われないことなどから識別できます。背びれ、しりびれを振って活発に泳ぎ回ることがます。
本種は黄白色の地に黒い斑点のある外見が特徴で、また体側中央上部には1対の棘があります。

深いところに棲むため、状態の良い個体が採集されることは少なく、水族館で展示されることはまれな種類です。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system