イソバテング

イソバテング

(松本隆さん)06/6/6
頭の後ろから背中の途中まで皮がむけているように見えますが、元々こうなんでしょうか?

(補足情報)
理由についてはよく分かりませんでした。事情をご存知の方は御一報ください。

at おたる水族館
by 松本隆様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  カサゴ目  ケムシカジカ科
学名: Blepsias cirrhosus
英名: Silverspotted sculpin
別名:
特徴:

福井県、宮城県以北の北日本から日本海、ベーリング海を経てカリフォルニア州までの北部太平洋に分布。
基本的には岸から近い岩礁や藻場に生息しますが、成魚ではさらに沖合に現れることもあります。餌は甲殻類などの底棲生物が主です。

背びれと胸びれは大きくてよく目立ちます。また、背びれの棘状部に大きな切れ込みが入るのが特徴と言えます。また、胸びれの付け根と尾びれの付け根を除き、全身がこぶ状の突起に覆われているKとも特徴です。

体内受精を行い、メスはカイメンの体内に卵を産みつけるという変わった習性をもっています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system