イシダイ

イシダイ

(muscaさん)05/3/4

(補足情報)
写真は老成オスと思われます。食用や磯釣りの対象魚として有名。

at 油壺マリンパーク
by musca様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  イシダイ科
学名: Oplegnathus fasciatus
英名:
別名:
特徴:

日本各地、韓国・台湾沿岸に分布し、ハワイでも確認されたことがあります。

幼魚のうちは流れ藻について海面近くを漂い、成長するに従って海底に下りて底生生物を食べるようになります。
成魚は浅い岩礁域に単独でみられ、ウニやフジツボなど固い殻をもつ底生生物を、そのくちばし状の口で噛み割って食べます。

白と黒の横帯模様が特徴で、しばしば若魚をシマダイと呼びます。縞模様はとくに幼魚ではっきりしていますが、成長するにつれてやや不鮮明になります。とくに老成したオスでは縞模様は消え、口先が黒くなります。

食用魚や磯釣りの対象として人気がある他、水族館でもよく飼育される魚です。
とくに、好奇心旺盛な性格や、物の形の認識能力が高いことから「魚のショー」などに用いられることも多いようです。




<イシダイ・ギャラリー>

(ジャマランディさん)06/8/12
画像は何の関係もない、縞々のイシダイです。(蒲郡市竹島水族館 2005年8月)

(補足情報)
老成個体を除けば、この写真のように太い横縞模様があるのがふつうです。

at 竹島水族館
by ジャマランディ様
イシダイ

幼魚は縞模様がとくに鮮明。

水族館で「魚のショー」などに用いられるのは、こういった若い個体が多い。

at 名古屋港水族館
イシダイ(幼魚)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system