イセエビ

イセエビ

(ジャマランディさん)05/9/28
イセエビの成体、いたので撮ってきました。

(補足情報)
高級食材としても有名な大型エビ。

at 東海大学海洋科学博物館
by ジャマランディ様


分類: 節足動物門  軟甲綱  十脚目  イセエビ科
学名: Panulirus japonicus
英名: Japanese spiny lobster
別名:
特徴:

茨城県以南の南日本太平洋岸、朝鮮半島南部、台湾沿岸に分布。

沿岸の岩礁域に生息し、外洋に面した流れのはやい場所を好みます。
夜行性で、昼間は岩の割れ目などに集団で隠れており、夜になると出てきて餌を探します。餌は二枚貝やウニ、小型の魚類など。

繁殖期は春から夏にかけてが主で、メスは腹部に卵をつけて保護します。卵は約1ヶ月でふ化し、フィロソーマと呼ばれる幼生が誕生します。フィロソーマは表層を浮遊して移動し、約300日の浮遊期間を経た後、透明でエビのような形をしたプエルルス幼生となって着底します。約1週間後に脱皮をおこなって稚エビとなります。

古くより食用として珍重されてきたエビで、現在でも祝い事の際などによく扱われます。




<イセエビ・ギャラリー>

(くりかわさん)05/9/4
とても三重らしいお土産です。何かお判りになりますか?

(補足情報)
というわけで、フィロソーマ幼生。親とは似ても似つかぬ姿です。

at 鳥羽水族館
by くりかわ様
イセエビ(フィロソーマ幼生)
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system