ホウキハタ

ホウキハタ

(ジャマランディさん)05/9/7
ホウキハタです。ホウキって、掃除道具の箒でしょうかねぇ?

(補足情報)
深場にすむため、水族館ではあまり見かけない種類。

at 竹島水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハタ科
学名: Epinephelus morrhua
英名: Comet grouper
別名:
特徴:

紅海・東アフリカから中部太平洋にかけて広く分布。国内でも南日本でみることができます。

ふつう水深80〜370mほどの、やや深い岩礁域に生息します。幼魚や若魚は比較的浅い場所にも現れる傾向があるようです。

同属のイヤゴハタやカケハシハタによく似ますが、体色が少しずつ異なることから識別されます。本種は、体上半部に暗色の斜帯があり、下半部では体側に沿った弧状の帯があることが特徴です。

深場にすむためか漁獲量は多くないようで、食用にされるのはまれです。また、シガテラ毒をもっていたとする報告も知られています。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system