ホタテガイ

ホタテガイ

(ジャマランディさん)04/11/30
さすがに青森の水族館、タッチングプールにホタテガイがいるんだから。でも、持ってかえっちゃうヒトがいるんじゃない?

(補足情報)
食用としてとても重要な貝類のひとつ。

at 浅虫水族館
by ジャマランディ様


分類: 軟体動物門  二枚貝綱  イタボガキ目  イタヤガイ科
学名: Patinopecten yessoensis
英名: Japanese scallop
別名:
特徴:

東北地方以北、オホーツク海にかけての北西太平洋に分布しています。
水深5〜100mほどの砂礫底域にみられ、砂に潜ったりすることはなく、普段は水底でじっとしています。
餌は水中のプランクトンやデトリタスで、海水とともに吸い込んだ餌をえらで濾し取って食べています。

殻は左右で形が異なっており、水底に接している左側はほとんど平らで紫褐色、水中側に剥いている右側はややふくらみ、白みがかっています。

ヒトデなどの外敵に襲われると、殻を勢いよく閉じることで水を噴き出して砂底を移動したり、あるいは短時間であれば水中を泳いで移動することもできます。

一般に「貝柱」として知られる閉殻筋などの味がよく、各種料理の材料として非常に人気の高い貝で、養殖も盛んです。
養殖の際には、海中で浮遊期を経て着底する稚貝を「採苗器」と呼ばれる基底に付着させ、これを集めて育てているようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system