ヒメハゼ

ヒメハゼ

(どふらいんさん)05/1/25

(補足情報)
一見地味ですが、よく見ると体側の小豆色の斑点の美しい種類です。

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハゼ科
学名: Favonigobius gymnauchen
英名: Sharp-nosed sand goby
別名:
特徴:

北海道から西表島に至るまでの日本各地、朝鮮半島や中国の沿岸から西部太平洋にかけて分布します。

内湾や河川の河口域に多く、主に砂泥底に単独ですみますが、岩礁域などで確認されることもあります。餌はゴカイや小型の甲殻類など。

体は細く、下あごが上あごより突出します。また、体側に暗色斑が4つ並んでいること、尾びれの付け根にある黒斑が2叉することなどが特徴です。
また、オスでは背びれの第2棘が長く伸びること、繁殖期には顔が黒くなることなどから、雌雄を識別できます。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system