ハリセンボン

ハリセンボン

誰もが知っている有名な魚。
いじられて膨らんだ状態の写真が多いせいか、普段の状態を見ると意外に思う人も多いようだ。

at アクアワールド大洗


分類: 脊索動物門  条鰭綱  フグ目  ハリセンボン科
学名: Diodon holocanthus
英名: Long-spine porcupinefish
別名:
特徴:

全世界の温帯〜熱帯の海に広く分布しています。
沿岸の浅い岩礁域やサンゴ礁域にみられ、甲殻類や貝、ウニなどの底生生物を堅い歯で噛み砕いて食べます。

フグに近い魚ですがテトロドトキシン(フグ毒)は持っていません。
代わりに体表にはうろこが変化してできた300〜400本の棘があり、脅かされると体を膨らませ、針を立てて身を守ります。

ただし、この守りは完全ではなく、マグロの胃からハリセンボンが出てきたりすることはよくあるようです。

食用になり、たいへんおいしいそうですが、残念ながら一般的ではありません。




<ハリセンボン・ギャラリー>

(くらげねこさん)04/6/7
これはとここでしょ?って感じでハリセンボン。
鴨川のフォトコンに出して特別賞もらったヤツです。

(補足情報)
特別賞受賞、おめでとうございます〜!
まだ若い個体のようですね。

at 鴨川シーワールド
by くらげねこ様
ハリセンボン
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system