フウセンウオ

フウセンウオ

(らっこさん)05/11/2
腹びれが吸盤のように変形して貝などにくっついてることが多いそうです。

(補足情報)
かわいらしい容貌から人気のある魚。

at オホーツク流氷館
by らっこ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  カサゴ目  ダンゴウオ科
学名: Eumicrotremus pacificus
英名:
別名:
特徴:

東シナ海北部、日本海、北海道からオホーツク海にかけて分布。沿岸、水深90〜150mの岩礁域に生息し、小型の底生生物などを食べます。

体は丸く、体表には骨質のこぶ状突起があるものの数は少なめです。下顎の腹面にはいぼがなく滑らかであることから、近縁他種と識別できます。
体色は赤いものやオレンジ、淡いピンク色など変異に富み、小黒点が全身に散らばります。

卵は巻貝の中に産みつけ、オスが保護するといわれています。ただし、野生での詳しい繁殖生態については未だ分かっていないようです。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system