チャイロマルハタ

チャイロマルハタ

(ジャマランディさん)05/8/29

(補足情報)
汽水域などでも見られる大型のハタ。

at 竹島水族館
by ジャマランディ様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  スズキ目  ハタ科
学名: Epinephelus coioides
英名: Orange-spotted grouper
別名:
特徴:

琉球列島、紅海・アフリカ東岸からフィジーまでのインド・太平洋域に分布。

濁りのある内湾に多く、サンゴ礁域にはあまり生息しません。また幼魚から若魚は汽水域に侵入し、マングローブ林の中の泥底などによくみられます。
単独性で、主に小型の魚類や甲殻類などを食べる肉食性の魚。

体は茶褐色、または緑褐色の不規則なまだら模様で、全身に瞳孔とほぼ同じ大きさの赤褐色の斑点が散在します。
近縁のヤイトハタに似ますが、ヤイトハタは体表の斑点が黒色で瞳孔より小さいこと、体表に白い斑紋があることから識別できるます。
最大で80〜100cmほどになる大型種。

繁殖生態については詳しく分かっていませんが、特定の繁殖期に群れを形成して行うと考えられています。




<チャイロマルハタ・ギャラリー>

(ジャマランディさん)05/6/9

(補足情報)
斑点模様をもったハタには、よく似た種類がたくさんあります。

at 海遊館
by ジャマランディ様
チャイロマルハタ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system