アサヒアナハゼ

アサヒアナハゼ

磯の普通種。しばしばタイドプールでも観察できる。

at アクアワールド大洗


分類: 脊索動物門  条鰭綱  カサゴ目  カジカ科
学名: Pseudoblennius cottoides
英名:
別名:
特徴:

北海道南西部以南の日本各地の温帯域に分布。

沿岸のアマモ場や藻場、タイドプールなどに生息します。ふつう単独性で、小型の甲殻類や魚類などを餌としています。

アナハゼ属の魚は互いによく似ますが、本種は比較的頭部が丸く、頭でっかちに見えること、顎の腹面に暗色斑があること、しりびれの鰭膜に斑紋がないことなどが特徴です。15cmほど。

オスには生殖突起があり、メスとの交尾によって体内受精を行います。メスは卵をホヤの鰓の周りなどに産みつけます。




<アサヒアナハゼ・ギャラリー>

(どふらいんさん)05/6/19


(補足情報)
近似種が多く、実際に見ても迷うことが多い。

by どふらいん様
アサヒアナハゼ
動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system