アミメハギ

アミメハギ

(どふらいんさん)05/6/19

(補足情報)

by どふらいん様


分類: 脊索動物門  条鰭綱  フグ目  カワハギ科
学名: Rudarius ercodes
英名: Whitespotted pygmy filefish
別名:
特徴:

青森県以南の日本各地、および朝鮮半島沿岸に分布。

水深20mより浅い沿岸の岩礁域や藻場、アマモ場などにふつうにみられます。海藻やウミトサカ類の周辺など流れのゆるやかな場所に多く、小型の底生生物などを餌としています。
小型であるため、夜間眠るときには海藻などを口でくわえて流されないようにする生態が知られています。

体は小型で、大きなものでも8cmほど。体色は緑色から茶褐色まで変化に富みますが、白い円状斑が多数並び、網目状の模様に見えるのが大きな特徴です。

卵はアマモや海藻の表面に産み付けられ、メスがふ化するまでの間保護します。

動物さくいんへ

図鑑トップへ

サイトトップへ
inserted by FC2 system